東洋防災工業株式会社|消防設備の設計・施工・保守点検

 

消防設備点検・工事

 

消防設備の設計から施工・点検・工事までのトータルサポート

消防設備の設計から施工・点検・工事までのトータルサポート
 
消防設備は、火災から「生命・財産」を守るための設備です。
消防設備を設置していても、非常時に正確に機能しなければ意味がありません。
 
消防設備が故障しているなどの理由で、火災時に消防設備が作動しなければ、消火活動や避難が遅れてしまい、大きな被害につながってしまう恐れもあるため、定期的な点検・維持管理は非常に重要です。
 

 
弊社では、あらゆる消防設備の設計・施工・点検・調査・改修工事を承っております。
一連の流れをすべて弊社にお任せいただきますと、機器トラブルの発生率が低くなります。
 

消防用設備点検について

消防用設備点検について
 
消防法(消防法第17条3の3)により、消防用設備等を設置することが義務付けられている建物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、設置した消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する義務があります。
 

消防設備点検が必要な建物

消防設備点検が必要な建物
 
防火対象物の用途や規模により、消防設備士又は消防設備点検資格者が点検を行わなければならない建物が次のように定められています。
 
①延べ面積1,000㎡以上の特定防火対象物
 デパート、ホテル、病院、飲食店、地下街など
 
②延べ面積1,000㎡以上の非特定防火対象物で消防長又は消防署長が指定したもの
 工場、事務所、倉庫、共同住宅、学校など
 
③屋内階段(避難経路)が1つの特定防火対象物
 
※上記以外の防火対象物は、防火管理者が行うことができますが、確実な点検を行うために専門知識を備えた有資格者による定期的な点検が推奨されます。
 
●消防用設備等の設置命令違反
消防用設備等の設置命令違反すると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(消防法第41条)
 

「年2回」の点検が法律で義務付けられています

「年2回」の点検が法律で義務付けられています
 
 
機器点検 6ヶ月に1回

 
外観点検
消防用設備等の機器の適切な配置、損傷等の有無その他、主として外観から判断できる事項の確認を行います。
 
機能点検
消防用設備等の機能について、簡易な操作により判別できる事項の確認を行います。
 
 
総合点検 1年に1回

 
消防設備等の全部もしくは一部を作動させ、総合的な機能の確認を行います。
 
 

消防用設備点検の報告が義務付けられています

消防用設備点検の報告が義務付けられています
 
防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、建物の用途に応じて定められた期間毎に点検結果を消防長又は消防署長へ報告することが義務付けられています。
 
特定防火対象物   〈 1年に1回 〉
 
飲食店、百貨店、ホテル、病院、福祉施設など
 
 
 
非特定防火対象物 〈 3年に1回 〉

 
マンション、アパート、学校、工場、事務所など
 
 
●点検報告義務違反
点検結果を報告せず、又は虚偽の報告をした者は30万円以下の罰金又は拘留(消防法第44条)
 
 

建物に応じた適切かつ効率的な設計・施工を!

建物に応じた適切かつ効率的な設計・施工を!
 
お客様によって建物の構造・規模・用途は様々です。
当社では、綿密な打ち合わせの元で建物に応じた適切な消防設備の設計・施工を行います。
ご要望に的確に対応できるノウハウと技術力で法令を守り、建物に最適な設計を行いコストダウンを図ります。
 

こんなお客様におすすめ

こんなお客様におすすめ
 
  これから建物を建てる方、増改築を予定されている方
  消防署の立入検査で改善指導を受けた方
  消防設備点検の依頼先をお探しの方
  自動火災報知設備等の誤作動でお困りの方
  消防設備点検や改修工事にかかる費用を削減したい方
 
 このようなお困りがありましたら、是非一度ご相談ください。


・消防設備保守点検業務
・特殊建築物定期調査業務
・建築設備定期検査業務
・防火対象物定期点検業務
・防災管理定期点検業務
・防災設備に関する工事及び改修
・防災用品の販売
・ビルメンテナンス業務
qrcode.png
http://toyobousai-119.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
096491
<<東洋防災工業株式会社>> 〒771-0103 徳島県徳島市川内町小松東75番地13 TEL:088-665-8580 FAX:088-665-8581